"事業再生"支援サービス

image

事業再生は破産の場合に比べ大きなメリットがあります。
それは企業の評価を大きく下げることなく、
従業員や関係者の生活を維持しながら、
再び安定した経営基盤を作ることにに向けて
力を集中できるということです。

本来、真のコンサルティングは経営者に指導指示するだけでは成り立ちません。
企業の中に入り、現場に立って直接社員の業務を見直し、指導するインパウンド型こそが、企業の再生に大きく貢献できる事業再生方式なのです。
弊社はインパウンド型を採用し、クライアント企業に腰をすえて実現と継続の可能な事業再生をサポートします。

まずは倒産を回避、それが事業再生への第一歩です。
まず債権者と共に返済額や元本措置などについて徹底的に見直し、スケジューリングの見直しを協議し、債務整理などのあらゆる必要な手段を駆使して倒産を回避します。

東京メザニン基金は債権者の側に立ち、いかにして企業の収益を高め、今後の経営につなげていくか、抜本的な構造改革を視野に入れ働きかけていきます。

弊社の事業再生方法は、

  • 継続が可能な事業に関しては、事業譲渡や会社分割などを行いながら、会社が抱える債務を実質免除してもらうための道筋を立ててゆく。
  • 再生ファンドや投資ファンドの出資を活用し、収益アップへの確実な見通しを探して徹底的に再生基盤を固めていく。
  • 実際に継続可能な事業再生計画を進めるため、リスケジュールなど内部変革しながら事業再生を遂行する。
  • M&A手法を有効に使い財務強化を確立し、永続的に企業が存続できる道筋をつける。

このようにいくつもの戦略を立て、多方面から事業再生へのアプローチを試みます。
事業再生へは複数の道程があり、多方面からアプローチすることが可能です。事業再生をする企業は置かれた状況は様々であり、またシナリオも様々に描けます。個々の企業に対し、どのようなシナリオがベストなのか多角的に戦略を探ることが最も重要です。

さらに私達は状況に応じてマネジメントを行い、クライアント企業と共に再生に向かって専心し、共に汗を流して企業の大きな改変プログラムを成功させるために邁進します。

事業再生に向けて、あらゆる方面からの支援を可能にするためには、クライアント企業の現在の経営状況を正確に把握し、再生後の理想の姿を共有し、さらに現実をかんがみて長期的に実現可能な道筋を見つけることが大切です。
そのために再生に必要な人材、専門家、スポンサーなどの力を借り、経営資源を確保するなど力強いサポートを実現していきます。


PageTop

Copyright (C) Tokyo Mezzanine Funds Corporation All Rights Reserved.